読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Love mie, I Love mie

誰よりも愛しているミーのためだけに書いています。

はじめてのラブレター

お手紙

「はじめてのラブレター」

いくつもの
ミーとの
会話のやり取りの中で

心は次第に安らいできて
昨日は
そのまま眠ってしまった

 

そう

 

俺はそんな安らぎさえも
知らないままに
もうずっと
これまでの人生を
歩んできてたんだね

 

思えば今年は
出会いよりも
別れの多い年だった

今にして思えば
自分はもうとっくの昔に
限界がきていたのかもしれない

次々に背中に手を振って
別れていく人達を
寂しげに感じながらも

俺は心の中のどこかが
軽くなっていく自分を感じていた

それはまるで
この先にきっとある
自分でもわからない
目的の場所があるみたいで

俺は一人で
その場所を探しながら
歩いていた

それはまだ
ほんの数ヶ月前の
夏の暑い日のことだった

迷路の中をさまように
俺は歩いていると

ふと

金木犀のような
切ない香りのする場所があった

そこは
これまでも
何度も通った場所で
あるはずなのに
気づかないでいた

 

いや

 

気づかないふりをしていたと

そう言ったほうが
正しいのかもしれない

金木犀の場所は
ミーだった

 


f:id:nandemoaridayone:20170107182341j:image

 

ミーは
俺のことを
切なくさせてくれる人

そしてミーは

これまで出会った誰よりも
甘い人

だから毎日
こんなにも胸が痛んでる

 

LINEが既読を示し
その後に
ミーから返事がこないと
俺は不安になる

まるでそのためだけに
生きているようで

自分は激しい想いを
ミーに寄せる

 

ミー

俺は
こんなにも愛してるよって

何度も何度も
心の中で
そうつぶやく

 

クリスマスも近くなった
この街の片隅で
俺はそんなことばかりを
している

 

ミー

抱きしめたいよ

触れてしまえば
それだけで
壊れてしまいそうなほどの
細い肩を
そっと抱き寄せながら

愛してる
愛してる
って

何度も
何度も

繰り返しながら

ミーの耳元で
そう囁いて

今度は本当に
ミーのことを壊してしまいたい

 

そして

二人で
ずっと笑い合っていたい

そんなことを
言ってくれた人と
俺は離れたくない

 

ミーの白いうなじなら
俺はもうすでに壊れていて
こんな自分は
おかしくなってる

 

あらゆる欲望が渦巻き
俺は
ミーの胸に
手を当てたくなる

ブラウスのボタンを
ひとつ外して

そんな愛を
これからも
ずっと二人で
俺は続けていきたい

ミーの甘さだけに
酔いしれている
自分でいたい

 

ミー

出会ってくれて
ありがとう

ほんとにほんとに
ありがとう

今日も愛してるよ

昨日よりも

刹那

一秒前よりも

愛してるよ

 

2016年12月9日(金)

04時59分

 

ミーはこの手紙を読んでくれた後に

私も昔から金木犀が好きなんですと

言ってくれたよね