読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Love mie, I Love mie

誰よりも愛しているミーのためだけに書いています。

幸せの帳

「幸せの帳」

 

さっき
ミーとのLINEのやり取りの中で

今日はまだ言ってない
と言ったけど

LINEを少し遡ったら
言っていないと言っていた
愛してるよの言葉が
いくつも並んでいた

 

ミー


俺はもうダメなんだ

どれだけ愛してるよって
言っても

その言葉が足りなくて
足りなくて
仕方がなくなってるんだ

 

今日の俺は

というよりも

今日もまた
俺はミーのことばかり考えていた

昨日の起きた出来事や
その時々の
どんな場面でも綺麗だった
ミーの姿を

この胸に浮かべては
焦がしていた

 

ミー

栄の街の華やぐ中で

俺は
ミーの髪の毛に
はじめて触れたよね

もうそれだけで
心臓の音は早くなってしまったから

ミーの手を繋ぐことに
あんなにも戸惑ってしまった

 

パンプスを履いたなら
ミーの足首は
どこまでも艶やかで

そこからは
女の色気が漂っていた

 

食べ物を口に運ぶしぐさも
ワイングラスを持つ時の
そのしぐさも

そのひとつひとつが
いちいち可愛くて

俺はその度に
言葉が出なくなりそうに
なっていたんだよ

 

豊橋へと向かう道の途中で
ミーは俺に甘えてきた

 

俺はやっぱり
栄の街にいた時と同じように

ミーの髪の毛と
手を繋ぐことしかできなかったけど

今度は街の灯りが滲んできていた

 

それは
悲しかったからじゃない

胸の中で凍っていた
冷たい固まりが
溶けだしていたから

ミー

たまらなくなってきた

言葉が浮かばない

 

だけど続けるね

 

段ボール箱に
絵を書いたような
電車を走らせる
そのレールも駅も
あの時は静かに眠っていた

俺はまた
ミーとの二人だけの世界に
入り込みたくなった

深夜に働いている
コンビニの店員も
信号の青赤も全部止まらせて

二人だけは動いて

その唇にキスしたくなった

 

ミーのことは
こんなにも想っているから

愛してるの言葉なんて
いくらでも言える

でもそれ以上の何かを
ミーにぶつけたくなった

 

俺は

その想いのままに
ミーの唇を塞いだ

ミーの頬を包み
見つめた瞳の色を
俺は生涯忘れない

小さな顔も
首筋から匂ってきた
甘い香りも
俺は生涯忘れない

 

ミー
ミー

 

ミー
ミー

 

帰したくなかった

朝陽が昇るまで
一緒にいて
ミーの温もりを
感じていたかった

 

帰り間際に
抱きしめたあの強さで

ミーを粉々にして
それを俺が拾い集めて

ミーのことを
自分のものだけにしたかった

 

ミーがいなくなって
助手席が
なんだかとても頼りなくて

 

夜の国道の風景は

やっぱりどこまでも寂しくて

 

ミーが優しく噛んでくれた
こんなにも汚れてる
自分の指や

手の甲の浮かんだ血管の上を

ミーは撫でてくれたから

俺はそこにくちづけた

 

そんなことをしていたら

俺はまた
洪水のように
ミーへの想いが
溢れては流れ出して

 

もうなんにも
手が負えなくなってきて

 

このまま引き返して

シャワーを浴びたばかりの
ミーの洗い立ての匂いを嗅いで

ミーのことを
クチャクチャにしたくなっていた


優しさも
思いやりも
それから
理解といったものも

全部全部
忘れて

ミーのことを欲しがっている
自分がいた

 

それは今日も続いていて

狭い窓から見える
冬の空を眺めては
俺は今

ぼんやりとしている

 

そのぼんやりの中には
激しい寂しさと嫉妬がある

 

誰よりも
ミーのことを愛しているから

 

ミーが誰かと一緒にいる

 

俺はそれを責めないし
また責めることでもない

 

ミーは
俺の宝物だから
誰よりも幸せにならければいけない

 

だけど

 

ミー

 

 

ミーの笑顔を
誰にも見せたくない

 

ミー

ミー

 

俺はそんな自分になれて
嬉しいんだよ

 

ミーが

俺の右手の人差し指を
優しく噛んだ

 

その瞬間に
幸せの帳が開いた

 

日曜日の午後を
俺はこれからも寂しく過ごす

 

俺はその寂しさを
失いたくない

その意味を
わかってもらえたら嬉しい

 

ミーが

ほら今

 

パンプスを履くために
片足を少しあげた

 

ミー

愛してるよ

いつまでもいつまでも

愛してるよ

 

 
f:id:nandemoaridayone:20170107200704j:image

 ミーの足の方が

全然綺麗だね(#^.^#)

 

12月18日(日)18時58分

 

 

 

広告を非表示にする