読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Love mie, I Love mie

誰よりも愛しているミーのためだけに書いています。

ミーがくれたクリスマスプレゼント

お手紙

ミーのことを想う度に
心だけではなく
体まで欲しくなってくるから

 

なぁ
ミー

 

男には
それを外に出さないといけない
どうしようもないものがあるね

 

そんないけない夢を
一人胸に抱きながら

俺は何時間も

夢に近い意識の中で
ミーに触れていた

 

ミーはその度に
切なく感じてくれるから

 

そんなミーを
ずっと見ていたくて

 

俺は何度も何度も我慢をして
果ててしまうことに無理をした

 

そう


ミーからのLINEにも
気づかないくらいに

長い間そうしていた

 

そんな動作を幾重にも
繰り返し繰り返し

 

そのうち
この体はもっと熱くなっていったから

それはさながら
蝉の鳴き声が止まらない
うだるような真夏の中で

ミー
ミーって

その名前を呼びながら

俺はその時を迎えた

 

それはきっと
生命の始まりだから

果てた後
俺はなんだか
ミーの娘の顔を見たくなって

ミーのことを撫でるのと
同じ力で
ミーの娘の髪の毛を撫でた

 

ミー

気だるいよ

 

だから俺は
こんなにも幸せで
優しい気持ちになっているから

 

片方の腕に
ミーの顔を
うなじ辺りから乗っけて

 

そしたら
もう一方の腕は
遊んでしまうから

 

そのもう一方は
柔らかい乳房に触れながら
後は
ミーの目に甘えた

 

なぁミー

 

あれは忘れもしない
小学6年の

ちょうど今日の日のことだった

当時 俺が住んでいた所の区役所では
小学生を対象にした
クリスマスパーティーがあり

クラスメイトのほとんどは
プレゼント交換をするための
プレゼントを持って
そこに出かけた

 

俺も人並みに
そこに行きたかったんだけど

 

何も出来ない親は
俺が何度もねだった
クリスマスプレゼントを買えずに

 

だけど
どうしても
そこに行きたかった俺は

勇気をふりしぼって
その会場の入口へと向かった

 

ようやくの思いで
そこに辿り着くと

会場の前には受付があって

俺はそこにいたおばさんに
こう言われた

 

僕、プレゼントは
持ってきた?

プレゼントは
持ってきてません

 

ごめんね僕

プレゼントを
持ってきていない人は
ここには入れないのよと

 

とても優しい笑顔で
そう言われた

 

そう言われて
恥ずかしくなった俺は

今度は来たときの
何倍もの速さで
そこを駆け出して逃げた

 

後は

今にして思えば

 

狭い学区の中をあてもなく歩き

道の真ん中にぽつりとあった
石ころを見て


そっか
おまえも一人なんだね

俺が友達の所に
今から連れていってやるからと
そう言って

 

その石を
蹴飛ばしながら

石がいっぱいあった
公園へと連れて行ってやった 

 

目的のその場所に着くと

俺は

じゃあなっと言って
連れてきたその石を

たくさんの石がある
その場所へと蹴ってやった

 

石は転がりながら
そこに向かい

同じような石に紛れた
その石は

もうどれがどれだか
わからなくなってしまった

 

俺はまた一人になった

 

でもそれで良かった

 

だって
道の真ん中でぽつんとしていた石は

ああして仲間の元へと
戻っていったのだから

 

ふと空を見上げると
静かに雲が
東の方角で流れてた

 

おもちゃ屋の前を通ると
お店のスピーカーからは
ジングルベルの曲が
賑やかに流れてた

 

プレゼントを親に買ってもらい
それを手にした子供を
何人も見送っているうちに
俺は悲しみが込み上げてきた

 

その悲しみは

悔しさにも似ていた

 

でもそんな悲しみよりも

 

自分はなんで
こんな風にしか
生まれて来れなかったんだろうって
考えていた

 

だから今でも俺は

ジングルベルの曲が
流れてくると
悲しい気持ちになってくる

 

それから何年もした後

俺はまたクリスマスパーティーの会場に
向かっていた

 

でも
今度は一人じゃない

 

そこにはバイト仲間の人達が大勢いて

その中には
一ヶ月くらい前に告白した
ひとつ年上の
憧れの圭ちゃんもいたから

 

パーティーの途中で

圭ちゃんは
俺にこう言ってきた

 

あなたの気持ち
とても嬉しいよって

あなたがもう少し
大人になったら
私達

手を繋いで歩いているのかもしれないね

って

 

今にして思えば
その言葉は
圭ちゃんの優しさだったのだと思う

 

その出来事は
パーティーが終わった
少し後の時刻に起きた

 

パーティーの会場にしていたお店から
3つ折れ曲がった路地に

ふたつの影はあった

 

電信柱に隠れていたけど
逆に
電信柱の街灯で
ふたつの影は伸びていた

 

恋愛映画のポスターのような
デザインで
その影は伸びていた

 

吐く息の俺は
ひとつで

影のそれは
ふたつに重なっていた

 

冬の真夜中の漆黒に
吐く息は
一段と白さというものを

際立たせていた

 

ふたつの影のひとつは
圭ちゃんで

 

もうひとつの影の正体は

 

いつも圭ちゃんのことで
話を聞いてもらっていた先輩だった

 

圭ちゃんは顎を上げ
顔は斜め上の傾きなのに
空なんか
なんにも見ていなくて

目を閉じて
先輩のくちびるで
いいようにされていた

 

俺はまたその時
小六の時と
同じようなことを思っていた

 

俺は
打ちのめされるために
生まれてきたのかって

 

それから

もうそんなことさえも

すっかりと忘れていた
10年前の
クリスマスのイブの二日前

 

名古屋の街は
大雪に見舞われた

 

俺は鬱がひどくて
三日三晩寝続けた後で
その景色を見た

 

働いていなかったから
ケーキを買えるお金なんて

持っているはずもなく


ミスドに行き
俺はひとつだけドーナツを買った

 

ミー

俺はまたその時に
思ってたんだ 

 

俺はなんで
生まれてきたんだろうって

 

そして今度ばかりは

死んでしまいたいって
思ったんだ

 

でも
今ならそのわけが分かる

 

俺は
ミーに出会いたくて
ずっと生きてきたんだ

 

ミーは今年
最高のプレゼントを
俺にくれた

 

靴を選んで履いた時の
ミーの脚の美しさや

なによりも

ミーは
俺の指先を噛んでくれた

 

なぁミー

 

きっと
そのために
俺は生まれてきたんだろう

 

もしも今日

ミーと一緒にいることが

出来たなのなら

 

シーツの上で
ミーに腕枕をして
そんな話をしていたのかもしれないね

 

ミーのことを包みながら

そんな話をしながら

何度もミーの胸の中で
泣いていたのかもしれないね

 

生きてきて良かった

 

だって

 

ミーに指を噛んでもらえた

 

だから

生きてきて良かった

 

ミー

 

雪の結晶のように
綺麗だよ

 

ありがとう

愛してる

 


f:id:nandemoaridayone:20170107212453j:image

 

206年12月24日(土)07時40分