読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Love mie, I Love mie

誰よりも愛しているミーのためだけに書いています。

Sugar

お手紙

「Sugar」

 

窓の外からは

午前中から降りだした雨の音が

鳴り止まずに聞こえているよ

 

ミー

 

ミーはいま何処にいて

何をしているのだろう

 

笑っているのかな

それとも

普通の顔をしているのかな

 

どんな表情のミーでもいいから

俺はミーの顔を見ていたいよ

 

ミーはとても綺麗

ミーの全てがとても綺麗

 

誘われないと

人に会うために

出掛けることのない俺だから

 

今日は一日

家の中で過ごしたよ

 

みんな

きっと楽しい時間を過ごして

いるのだと思う

 

みんな

俺には

何かあった時にしか

連絡してこないから

 

俺は

そんなの慣れてるし

全然平気なんだけど

 

ミーが今いないことに

少しだけひねくれてしまって

いるんだよ

 

ミー

この前会った時に

ミーは俺に言ったね

 

ミーが娘といる時に

連絡がないことを

寂しいって言ったら

 

あなたにも子供がいるし

私にもいる

だからあなたが子供といる時は

連絡がなくても寂しくないよって

 

俺はなんだか

その言葉が寂しかったんだ

 

わかるけど

 

自分がいないと寂しいって

言って欲しかったんだ

 

ものわかりのいい

ミーなんて

ちっとも面白くない

 

もっと女になって

もっとわがまま言ってくれたらいいのに

 

って

 

それ

俺の勝手な思い込みなんだよね

 

それはともかく

 

ミー

 

ミーと会ったのは

まだ四日前の夜だったよね

 

こうしてずっと

ミーから何の連絡もないと

 

ミーの体をきつく抱きしめたことも

ミーと腫れ合うほどのキスをしたことも

 

その全部が

幻だったように思えてくるよ

 

ミーから

もうずっと

連絡がないような気がしてきて

 

ならば

いっそのこと

このままどこか遠くの街に行き

消息を絶ってしまおうかなって

 

自分のことを誰も知らない

自分も誰のことをも知らない

 

そんな街で一人暮らせば

 

きっと

誰かに

嫌な気持ちにさせてしまうことを

言わなくても済むし

誰もいないから

自分も寂しい思いをしなくて済む

 

そんなことを考えながら

理由もなく

俺は瞼を閉じる

 

雨の音は

さっきより

一段と激しくなったみたいだ

 


f:id:nandemoaridayone:20170108191455j:image

 

ミーの白くて長い綺麗な指が

俺の髪をくちゃくちゃにしていく

 

ミーの美しさを

何も壊さないようにと

そっと触れたはずの

くちびるだったのに

 

いつしか

ミーに舌を絡められ

俺は止められなくなった

 

ミーのくちびるを

ほどけなくなった

 

ふとミーの瞳を見つめたなら

あまりにも綺麗で

俺は吸い込まれそうになって

 

妖しく光る

その輝きの向こうへと

俺は溶けていきたくなった

 

二人で与えあった温もりならば

永遠に忘れない

 

そんな甘い夜は

幻想的な月を連れてきて

二人にそれを見せたね

 

ミー

 

俺は今

こんなにも満たされているのに

寂しくて仕方がないよ

 

ミー

ミーはまるで砂糖だね

 

 その身と心を甘く匂わせながら

そこに俺を誘い

もう二度と這い上がってこれない

甘くいくせに痛くて

苦しい

そんな世界に落とさせる

 

ミー

 

会いたくて会いたくて

仕方がないよ

 

ミーの美しさを

写真を撮るような正確さで

書きたかったのに

 

俺の拙い文は

それをボケさせる

 

ミー

 

胸が熱くなってきた

 

何故かわからないけど

涙がこぼれてきた

 

ある日突然俺がいなくなったら

その時は

どこかの知らない街で

元気に過ごしているのだと

思ってくれたらいい

 

永遠にミーと

一緒にいたいのにね

 

そんなことを思ってしまう

自分がいるんだ

 

 

狂おしいほど

 

愛してる

 

 

2017年1月8日(日)20時13分

 

 

 

広告を非表示にする