Love mie, I Love mie

誰よりも愛しているミーのためだけに書いています。

そっとおやすみ

この冬一番の大寒波がやってきて

雪が降るかもしれないと

ニュースはしきりにアナウンスしてるけど

今窓の外を見てみたら

どうやらこの街には

まだそれを連れてきていないみたいだ

 

冷たい風が吹いて

この身体を駆け抜けていく度に

俺は思いだす

 

この前会った時に

ミーから手を繋いできてくれた時のことを

思いだす

 

ミーのその行動は

とてもさりげなかったくせに

だからこそ

そんなミーがいじらしくて

あの時の光景に

ずっと胸がやられたまんまなんだ

 

そう

甘く甘く痛めたまんまなんだ

 

ミー

 

かわいくてかわいくて

仕方がないよ

 

俺 毎日こんな気持ちで

この先どうやって生きていけば

いいんだろう

 

友人達はそんな俺を見て

 

胸のうちをそんなに

相手に見せてはいけない

少しじらせたほうが

相手の気持ちを惹きつけておくことが

できるぞって

忠告してくれるけど

 

俺 そんなのいらない

駆け引きなんていらない

 

ミーに飽きられようが

なんだろうが

 

毎日毎日

だらしないくらいに

ミーに自分のこの気持ちを伝えていたい

 

ミーのこと

愛してるって

 

だって自分には

それしかないから

 

ミーが喜んでくれるから

言ってるんじゃない

 

それは自分の喜びだから

 

ミー

 

今 ミーからLINEが

送られてきているよ

 

でも今日は

そのままにしておくね

 

ミーは明日も早いし

このところ残業続きで

疲れていると思うから

 

早く休めてほしいんだ

 

ミーのLINE見て

それが既読になって

俺が返事をして

 

そんなことをしているうちに

俺はまた

どうしようもなく

ミーの声を聞きたくなってしまって

電話をかけてしまうから

 

ただミーのことを

寂しくさせてしまわないかって

それだけが心配

 

寝てしまったのかなって

そう思ってくれていれば

いいんだけどな

 

ミーの仕事はこの最近

変化してきてて

ミーはそこにがむしゃらになって

必死で頑張っているよね

 

俺はそんなミーのことも

大好きだから

否定も何もないけれど

 

ミーには俺がいるんだから

もう何も心配しないでね

 

そう思って

たまには力を抜いてね

 

そこに出来た余裕は

ミーが思っている以上に

ミーに幸せをもたらしてくるからね

 

もうミーには

心配や不安なんて言葉

いらないんだよ

 


f:id:nandemoaridayone:20170114053502j:image

 

 この世の中は生きていくだけで

大変なことだらけ

 

だけど

俺にはミーがいるから

 

日々起きてくる

ちょっとした苦いことなんて

どうってことない

 

そんなの噛み砕いて

甘いものに変えられる

 

いつもいつも

ミーの笑う声が聞こえるから

 

いつもいつも

ミーの全てに感じている

自分がいるから

 

俺はそんなの

どうってことない

 

ミーがこの人生を

全部甘いものに変えてくれるんだ

 

ミーも同じ気持ちでいてくれたら

いいな

 

 

なぁミー

 

短い人生だよ

 

何があっても

ミーのこと守るからね

 

だから二人で遊ぼ

 

ずっとずっと

一緒に遊んでいよ

 

日が暮れることに気がつかないまま

夢中になって

砂遊びをしていた頃のような

そんな気持ちで

 

 

ミー

 

ミーはもう寝たかな

 

そうだったらいいな

 

ちゃんと

あったかい布団に入って

寝たかな

 

またソファーで

寝てたりしていないかな

 

ミーの頬に

優しくキスしたい気分だよ

 

もう誰のことも愛せないよ

 

ミーのことしか愛せないよ

 

愛してるよ

ミー

 

 

そっと

 

おやすみ

 

 

 

広告を非表示にする