Love mie, I Love mie

誰よりも愛しているミーのためだけに書いています。

この手が冷たいのは

この寒さのせいじゃなくて

ミーの体の温もりが今

ここにないからだと

そんな風に思いたがっている

自分がいるよ

 

カレンダーの青と赤の日は

ミーが母親一色に染まる日

 

きっと今頃は

自分がいちばん見ていたいって

そう思っているミーの笑顔を

ミーの娘が独り占めしているね

 

それは自分にとっても

幸せなこと

 

ただこの恋心だけに

寂しさという名のナイフだけが

この胸をえぐってくるんだ

 

なんだかたちが悪いよね

 

ミー

 

だから

 

ミーと会った時の

切なくなるまでの口づけも

苦しくなるまでの抱擁も

泡のように思えてきて

 

なんだかそれは

幻だったみたい

 


f:id:nandemoaridayone:20170114221440j:image

 

今年いちばんの寒波は

やはりこの街に雪を連れてきた

 

俺はこんな風景を見ながら

ミーの好きな歌ばかりを

ずっと聴きながら

あてもなく車を走らせていたよ

 

この場所に着くまで

 

甘い歌なんて

いくらでも知っているのにね

 

もうダメなんだ

 

ミーの好きな歌にしか

感じられなくなってる

 

そして

風に舞いながら

粉雪は落ちてきて

舗道の上であっさりと消えていく

 

それはまるで

愛の言葉のようで

 

儚くて儚くて

切なくなる

 

やっぱり

恋なんていいや

 

愛なんていらないや

 

そんなもの忘れて

 

今はミーの子供になってしまいたい

 

そしたら

ミーの心を永遠に離さずに

いつまでも

ミーの笑顔を独り占めできるから

 

ミー

 

いつか話した

夢の話しの場所で

この手紙を書いた

 

たまらなく愛しい

 

そう

 

たまらなく愛しい

 

でも今は

それだけの自分でいい

 

そう思っているだけの

自分でいい

 

心遠ざけて

心離して

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする