Love mie, I Love mie

誰よりも愛しているミーのためだけに書いています。

初春

海に近い街の今日は

時折車が揺れてしまうほどの

強い風に吹かれてた

 

温かくなる季節は

もうすぐそこまで来ているのに

そのことを忘れさせてしまうほどの

この冷たさは一体なんなのだろうと思う

 

自分はいつも自然の中に

人生というものを見る癖がある

 

今は何が起きても

結果的に大丈夫だと

そう思えるようになったけど

 

そんな自分になるまでは

凍てつくような日々を

一人で何年も過ごした

 

話しを聞いてくれる人もなく

語り合う人もなく

 

いつも一人で何かを考えては

不安と孤独に苛まれた挙げ句の果てに

 

波が白くなる絶壁の上から

飛び降りようとしたり

樹海の奥に入り込み

そのまま眠ってしまおうと

したこともあった

 

そんな日々を

今は懐かしく感じる

 

ミーさ

 

ミーには俺がいるじゃん

 

って

 

愚痴のひとつでも言いたくなってしまうよ(笑)

 

やっぱり

そういうことではないけれど

 

俺はミーが離れていなくなってしまっても

ずっとミーにとっての

何かの力になりたいと思ってるんだよ

 

いつだって逢いたくなるし

いつだって愛されたくもなるけど(笑)

 

いつだって逢える人なんかよりも

いつだって愛の言葉をくれる人なんかよりも

 

俺はミーのことが好きなんだよ

 

たまにしか聞けないその声や

一瞬に見せるその笑顔が

 

俺は何よりも好きなんだよ

 

そんなに満たされることなんて

ないんだよ

 


f:id:nandemoaridayone:20170221195906j:image

 

春になる前に人知れず咲く

梅の花が俺は好き

 

その姿は

ソメイヨシノよりも

自分に勇気と元気を与えてくれる

 

梅の花びらの色は

まるでミーみたいだよ

 

今は辛いかもしれないけど

 

今はミーにとって

冷たい風が吹いていると思うけど

 

どうか

 

少しでもいいから

元気を出して欲しい

 

ミーに愛されたくて

こんなことを言ってるんじゃない

 

愛されなくたって

どんなミーだって

 

俺のミーに対する気持ちは

何一つ変わらない

 

どうか

 

誰かの

そして俺にも

 

その気持ちに

応えようとしないで

 

そして

 

どうか

どうか

 

怖がらないで

 

 ありのままの

そのままのミーでいて欲しい

 

必ず

 

心から笑える日が来るから

 

 

 

 

それだけは信じて欲しい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする