読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Love mie, I Love mie

誰よりも愛しているミーのためだけに書いています。

綺麗 可愛い 色っぽい

お手紙

不安だって

そんな内容のお手紙を

朝から送って

 

お昼過ぎには

愛してる

愛してるって

それだけを書いたLINEを

いっぱい送り

 

あれでも全然足りてないんだけど...(笑)

 

さっきは

ぎゅってしてる

スタンプと一緒に

恋しいって

またLINEで送ってしまって

 

 

ミー

 

俺 こんなんだよ

 

ミーは本当に

こんな俺のことを

 

重たくなったりしていないの?

お腹いっぱいになったりしていないの?

飽きたりしていないの?

 

そんな俺の問いかけに対して

その通りだよって

ミーに言われてしまったとしても

 

俺の気持ちなんて

何も変えられないんだ

 

ほんとに

ミーのことが好きなんだ

大好きなんだ

 

ミー

気持ちというものは

伝えられないと

どうして苦しくなってくるんだろうね

 


f:id:nandemoaridayone:20170111185256j:image

 

空気が冷たくなって 

日が暮れかけはじめた街は

灯りを連れてくる

 

俺は

シルバーの車体に

赤の装いをした電車が走っている

高架線の下で

この手紙を書いている

 

そうやって書いている今も

その電車は

車体を少し右に傾けながら

ミーの住む街の方へと

レールの音を軋ませながら走っていく

 

早く早く

ミーに会いたいって

 

俺が

ミーの細い肩に手を伸ばすようにと

走っていく

  

 

ミー

 

俺は女に慣れてるんだよ

 

こんなこと言う俺なんて

うざいだろ

 

でも

ダメだ

 

ミーの前では

違う自分がいる

 

今までの自分とは

まるで違う自分がいる

 

秒単位の感覚で

 

 ミー

 

ミーは

 

ほんとに

 

誰よりも綺麗

誰よりも可愛い

誰よりも色っぽい

って

 

囁かないと

苦しくなってしまっている

自分がいる

 


f:id:nandemoaridayone:20170111192040j:image

 

 ミー

 

恋しい

 

 

今宵も抱きしめたい