Love mie, I Love mie

誰よりも愛しているミーのためだけに書いています。

穏やかな午後

時々どうしようもないくらいの嫉妬の波が

この胸を責めてくるから

胸につかえた息を吐き出すみたいに

家の扉を開けて外に出た

 

車に乗り込みエンジンをかけたなら

流れてきたのは

あの日二人で聴いた夜の歌

 

汗が首筋から浮かんできて

それは玉となって

心臓の方へと伝っていく

 

幼い頃から皮膚が弱い俺は

体のあちらこちらに

小さな傷がたくさんあるから

 

その玉はそれらの

幾つかの箇所を刺激して

この俺に痛みを教えた

 

破壊と再生を繰り返す

無数の傷

 

肌はちっとも強くなってくれはしないけど

俺は何事もなかったかのように

こうして今を生きているね

 

いつまで経っても

大人になりきれない自分を

疎ましく思う

 

今日が温かい日だったなんて知らずに

あの時

外に飛び出したんだ

 

冬のコートとセーターを着て

飛び出してしまったんだ

 

こんなことくらいで

温度もわからないくらいになってしまうなんて

己というものはどれだけ脆いのだろう

 

 

頭の中の風景が傾き

七色の薔薇が

ぼんやりと浮かんできた

 

それを喜んで手渡した時

あなたはその綺麗な顔を

あの時一瞬曇らせた

 

それは何故なのかという問いかけを

俺は出来なかったけど

その理由がわかったような気がしてる

 

こんなことを言ってるけど

責めているわけじゃない

 

あなたに対する気持ちは

何があっても何も変わらない

 

これからも支えるし

少しでもあなたに微笑みが戻るように

俺は精一杯になる

 

もしもその心を

あるいは

想いとかいったものを

首を絞めるみたいにして

止めなければいけなくなってしまった時が

訪れるのなら

 

それはすなわち

あなたが俺というものを

必要としなくなった時なのだろう

 

そよ風が頬をかすめ

頭の中の風景が正常に戻り

そのままに見えてきた

 

どこからか

子供達が遊んでいる時の

笑い声がこだましてきて

 

今度はアスファルトの上を走る

タイヤのノイズが

環状線の方から静かに聞こえてきた

 

目の前には

この街の景色が

誰かが描いた絵画のように

広がっている

 

遠くに見える高層マンションも

低い屋根の家屋も

その全部が

この曇り空の下

ひっそりとたたずんでいるように

俺には映った

 

その中に

一体どれだけの人生と

物語があるのだろう

 

その中に

一体どれだけの愛と

憎しみがあるのだろう

 

そのままの風景は

七色の薔薇を砕き粉々となって

床に散らばらせた

 

無数の傷が

また痛み始めたけど

今度のそれは

もうどこから伝ってきたのか

わからない

 

 

宇宙から見れば

塵にも満たない自分という存在

 

だけど

 

あなたのことを思う気持ちなら

その広さに負けはしない

 

心配と嫉妬で

また心は乱れて

脈拍が飛ぶ

 

それ以外は何もない

穏やかな午後

 

そう

 

ただそれだけの

そんな穏やかな午後

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

娯楽

明日の朝また太陽が昇り始めたら

いつもの道を

いつものように走ることをやめて

地下鉄に乗り

大きな駅へと向かい

何処かに行くという目的地を

決めるわけでなく

気の向くままに

自分のことを誰も知らない街に行き

そこで静かに一人暮らす

 

俺は時折そんな衝動に

どうしようもなく駈られてしまう

 

毎日いろんな事が起きてきて

そこには無数の思考が生まれてきて

そのほとんどはくだらないことだらけで

いらないものばかり

 

そう頭でわかっていても

心は憂鬱な感情に浸されて

また自分というものが重たくなる

 

でもね

ミー

 

今話したことは

俺の娯楽なんだ

 

そんな役柄を演じていたい自分が

まだどこかに残っているんだね

 

そうだよ

ミー

 

誰かと抱き合うことも

誰かと別れていくことも

 

仕事を頑張り過ぎて

心や体が破綻していくことも

 

なんの愛情もない

どうしようもない親のもとに

 生まれてきたことも

 

この魂が楽しむために設定した

娯楽

 

全部全部娯楽

 



f:id:nandemoaridayone:20170224220947j:image

 

もしも今の自分が嫌ならば

その役柄を変えてしまえばいい

 

そう決めた瞬間から

全ては変わっていくよ

 

もしもミーが今

この時を試練だと思っているのなら

 

きつい言い方だと思うけど

ミーはミーで

まだその役柄を演じていたいということだよ

 

 俺 前に話したよね

 

現実の自分は

こんなにも弱いけど

魂は強いって

 

ミーの魂は強いから

大変なことが起きてくる

 

でもミー

 

もういいよね

 

ミーは辛いものを

もう十分に楽しんだよ

 

これからは

現実の自分を楽しんで行こうよ

 

エゴ丸出しの自分で

行こうよ

 

 

明日俺は何処にでも行ける

 

知らない街で静かに一人で暮らし

 

またそこから始まるものが

きっとある

 

選択した瞬間から

人生はその方向へと動き出す

 

 

素っ気ない手紙になってしまったかな

 

俺はミーに幸せになってもらいたい

 

そう思って書いたよ

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

初春

海に近い街の今日は

時折車が揺れてしまうほどの

強い風に吹かれてた

 

温かくなる季節は

もうすぐそこまで来ているのに

そのことを忘れさせてしまうほどの

この冷たさは一体なんなのだろうと思う

 

自分はいつも自然の中に

人生というものを見る癖がある

 

今は何が起きても

結果的に大丈夫だと

そう思えるようになったけど

 

そんな自分になるまでは

凍てつくような日々を

一人で何年も過ごした

 

話しを聞いてくれる人もなく

語り合う人もなく

 

いつも一人で何かを考えては

不安と孤独に苛まれた挙げ句の果てに

 

波が白くなる絶壁の上から

飛び降りようとしたり

樹海の奥に入り込み

そのまま眠ってしまおうと

したこともあった

 

そんな日々を

今は懐かしく感じる

 

ミーさ

 

ミーには俺がいるじゃん

 

って

 

愚痴のひとつでも言いたくなってしまうよ(笑)

 

やっぱり

そういうことではないけれど

 

俺はミーが離れていなくなってしまっても

ずっとミーにとっての

何かの力になりたいと思ってるんだよ

 

いつだって逢いたくなるし

いつだって愛されたくもなるけど(笑)

 

いつだって逢える人なんかよりも

いつだって愛の言葉をくれる人なんかよりも

 

俺はミーのことが好きなんだよ

 

たまにしか聞けないその声や

一瞬に見せるその笑顔が

 

俺は何よりも好きなんだよ

 

そんなに満たされることなんて

ないんだよ

 


f:id:nandemoaridayone:20170221195906j:image

 

春になる前に人知れず咲く

梅の花が俺は好き

 

その姿は

ソメイヨシノよりも

自分に勇気と元気を与えてくれる

 

梅の花びらの色は

まるでミーみたいだよ

 

今は辛いかもしれないけど

 

今はミーにとって

冷たい風が吹いていると思うけど

 

どうか

 

少しでもいいから

元気を出して欲しい

 

ミーに愛されたくて

こんなことを言ってるんじゃない

 

愛されなくたって

どんなミーだって

 

俺のミーに対する気持ちは

何一つ変わらない

 

どうか

 

誰かの

そして俺にも

 

その気持ちに

応えようとしないで

 

そして

 

どうか

どうか

 

怖がらないで

 

 ありのままの

そのままのミーでいて欲しい

 

必ず

 

心から笑える日が来るから

 

 

 

 

それだけは信じて欲しい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

ひとりごと

片側4車線の大通りの端に設置してあるコインパーキングに車を止めて、次の客の待ち合わせ時間まで、まだ一時間以上あるから、ブログの記事でも書こうかなと、そんなことを漠然に思っていたら、

鳩尾辺りに突然激痛が走り、少しだけぼやけた意識の後に、二つを咳をしたら、口を押さえた手のひらには、黒い血の点々模様ができていた。

 

そんな光景を目にしたら、俺はなぜだか分からないけど、ミーの横顔と、爪の色と、それからその時着ていた服が同時に浮かんできて、不意に涙が出た。

 

道行くスーツを着た人達の群れの中の一人が、大きな声で、今夜はどこに行こうか?って、その輪に話しかけている。きっと今から、この近くにある繁華街にでも繰り出して行くのだろう。

吐いている息が白い。

そう言えば、さっき、民放ラジオのパーソナリティーが、賑やかな声で、今日は大寒ですって言ってたっけな。

 

来年も俺は、その単語を聞くことが、果たして出来るかな。

 

だめだ。

 

まだ病名の結論も出てもいないのに、こうやって、最悪の物語を脳の中で作るのは、昔からの自分の悪い癖だった。

 

人生なんて分からないのにね。

 

登りつめて有頂天になって、幸せを噛みしめていたと思ったら、その次には、すぐに落ちていったり、

かと思えば、

もう生きて行くのも嫌になるくらいの絶望の淵に立たされていたのに、急にその暗闇へと光が射し込んで、元気になっていったこともある。

そんなことの繰り返しばかり。

 

そう思うと、人生は天気と全く同じだな。

晴ればかりが続くこともないし、雨ばかりが続くこともない。温かい日もあれば、寒い日もあって、それは、人の人生に於いても、自然ってやつなんだろうな。

 

あー そんなことどうでもいいや。

今ミーの声が聞きたい。

 

それしか思えない俺は、何かを慰めようとして、目の前にある景色を見ているよ。


f:id:nandemoaridayone:20170120214612j:image

 

そうだな

ミー

 

俺のそばからは、自分が大切にしてきた人達が、みんな消えていったよ。

今までは、そんなことの全てを人のせいにしてきたけど、やっぱり、それは違ってた。

きっと俺には、自分の中に欠落しているものがあるんだ。

 

でなければ、あの夜、ミーのことを泣かせたりすることなんてなかったはずだから。

 

ミーのことを失いたくなくて、勝手に不安になって、いろいろ言い過ぎたり、いろいろ質問し過ぎた。

 

本当にごめんね。

 

ミーには、神様の前で懺悔するように、謝るしかない。

 

でも、どんなことでも我慢せずに、なんでも言って欲しいなって思っていたのも、ほんとなんだよ。

 

けれど、聞いたことも、あまりにも浅はかで愚かだった。

 

俺、人の気持ちいっぱい聞いてきたけど、なんにもわかってない。

 

歳を重ねていくだけで、何も成長していない自分は、ほんとにアホだわ。

 

もう誰のことも傷つけたくない。

 

そんなことを思ったりする俺に、神様は、今度こそ一人にさせてしまうかも。

 

ミー

 

お仕事いろいろと大変だと思うけど、ほんとに頑張ってね。

 

そして明日は、娘と会える日だね。

娘と笑って楽しい時間にしてよ。

 

俺はやっぱりミーが笑っていてくれたら

それが何よりも嬉しいから。

 

そしてこれだけは言えるよ。

 

ミーと出会うことができた自分の人生は、本当に幸せだわ。

 

どんなに暗かった色も、明るい真夏の青空のような色にしてくれた。

 

 いかん。

なんかこの世との永遠の別れみたい(笑)。

 

長年培ってきた癖というものは恐ろしいわ(汗

 )

あっ、そろそろ待ち合わせの時間に近づいてきた。

 

いい暇つぶしになった(笑)

広告を非表示にする

告白する前に見た夢

夢の中に出てきたその場所は

海なの

 

海といっても

白い砂浜と水色の海がある
リゾート地のような海ではなくて

 

波打ち際に
誰かが捨てていった空き缶が
浮かび上がってくるような
そんな海なの

 

狭い道を走り
踏み切りを渡ると
急にその場所は
視界の中へと広がってくる

 

それは実存する場所で
俺はそこに何度も行っているんだ

 

俺はそこへ
ミーを連れていくという
シチュエーションなんだね

 

二人で
テトラポットの上に座って

遠くを見てる

 

でもそこには
水平線なんかなくて

遠くに工場の建物や煙突や

 

その手前には
大きなタンカーが
ゆっくりと動いてたり

 

少し目線を上げれば
赤いランプを点滅させながら
大型の旅客機が輪を描くように
雲の上へと旋回して行ってるの

 

時刻は夕暮れで

辺りは一面
濃いオレンジの一色になって

 

工場もタンカーも旅客機も
全部黒い塊に見えて

 

そんな時ミーが

 

右の方角に指を指して
あんなの前からあったっけ?って
俺に聞いてくるんだ

 

俺がミーの指した
指先の方向に目をやると

そこには大きな大きな

風車があって

 

それは水力発電に使うための
ものなんだけど

 

俺はミーに笑って

 

何言ってるんだよミー
前からあるじゃんって
答えたんだ

 

それから辺りは
急に暗くなって
夜を迎えた

 

さっきの黒い塊には
いろんな色のランプが
灯りはじめて

 

気がつけば
お空の上には
三日月が顔を出していて

 

ミーがそれらの全てを見た後

俺の名前を呼んだ後に


綺麗だねって

 

俺は
そうだねって
一言だけ言って

 

その後

二人は黙りこんだんだ

 

どれくらい時間が
経ったんだろう

 

俺の手に冷たいものが
落ちた

 

それはミーの

涙の雫だった

 

なんで泣いてるのって
俺は聞かなかった

 

聞かなくても
その涙のわけを
俺は知っていたから

 


f:id:nandemoaridayone:20170115183047j:image

 

 

ここから照れるな(笑)

 

続けるね

 

勇気いるけど、、、(笑)

 

そんなミーを見ていたら

 

俺はたまらなくなって
ミーを自分の方へと引き寄せた

 

ミーはただ黙ったまま

俺の肩に顔をのっけてきた

 

俺はミーの
少しだけ冷たくなった髪を
撫でて

 

なぁミー
生きてると
いろいろ厄介なことが増えていくけど
こんな瞬間があれば
俺は生きてきて良かったと思えるからって
言ったんだ

 

ミーの瞳は

とても綺麗で

 

水面に映るようにして
黒い瞳の中に
三日月が浮かんでいた

 

お空の上で見た三日月は
ちっとも懐かしくなんかなかったのに

 

ミーの瞳の中に浮かんでいた三日月は
なんだかとても懐かしかった

 

俺はそこで目が覚めた

 

ミー

そんな夢だったよ

 

 

※この夢は12月4日(日)の明け方に見た。

ミーに「ミーの夢を見たよ」って話したら、

ミーが聞きたいって言ってくれたから、俺はLINE(8時35分~9時21分)でこのことを書いた。

 

ミー

この二日後の夜のことだったね。

 

俺がミーに告白したのは。

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

この場所

この場所に初めてきたのは、もう30年くらい昔のことだったと思う。

 

今も付き合いのある親友が車の免許を取ったので、ドライブに行こうということになり、俺達は、街のはずれへと向い、海へと延びている産業道路を走った。

 

あんまり遠くに行きすぎてもなんだからと思い、産業道路の交差点を左に折れたら、そこには小さな私鉄の駅があり、そこはUターンも出来ないほどの細い道だったから、そのまま走っていくと、少しカーブをしているその先に踏切が見えた。

そしてもう少し踏切に近づくと、そこには、思ってもいなかった海が拡がっていた。

ちょうどその時、カーステレオからは、山下達郎のSPARKLEという曲が流れていて、それは目の前の風景と、あまりにもマッチしていたものだから、俺はその場所を一目で気にいった。

 

あの時、俺は、暗かった家庭環境のせいで、心的外傷後ストレス障害というものを、既に発症していたのだけど、その時は、そんなことなんて思ってもいなくて、一緒にドライブに行った親友とのバカな冗談話しに没頭していた。

 

俺はその時から15年経った後に、その病気のことを知ることになる。

 

ショパンの優しいピアノの調べが、待合室の向こうから静かにこぼれてきてた診察室の中で、俺の生い立ちを一通り聞いた後で、その医師は、何かを諭すかのように、俺にこう言った。

 

あなたの病名は、双極性障害 と、それから、後もうひとつ、PTSD、つまり、心的外傷後ストレス障害、その二つを持ち合わせていますと。

今までは若さのエネルギーで、それを乗り越えられたのでしょう。しかしながら、これからはそうはいきません。あなたは、恐らく限界がきています。

 

それは、俺が大好きな桜の花が開花した日のことで、それから俺は、何年もその病気に苦しむことになる。

 

この事については、また話す機会があれば書いて行こうと思ってる。

 

話しを戻します。

 

踏切を渡ると、車が二、三台止められる駐車場があった。

親友と俺は車から降りて、海の向こうを見た。

 

大きなタンカーがのんびりと航海しているのが見えていことを覚えてる。

そして、その先には、うっすらと、いくつもの煙突が見えた。

 

俺は今、その場所から、この記事を書いている。

ミーにお手紙を書いた後から、ずっとここにいる。

 

絶望の淵に立たされる度に、鬱がひどくなる度に、俺はこの場所にやってきた。

 

そういえば、その頃と同じように、コンビナートの赤い点滅が、今も変わらず見えている。

 

きっとそこには、こんな風景があるんだろうな。


f:id:nandemoaridayone:20170115031250j:image

 

ミー

早くこの場所に、ミーを連れてきたいよ。

 

このブログは、ミーのためだけに書いている。

 

それでもと思う。

 

ミー以外の誰かの目に触れることがあったなら、少しでも元気になってくれたら嬉しいなと思う。

 

どんなに辛い時があっても、また、死にたくなるような時があったとしても、生きていれば、必ず楽しくなる時がやってくる。

 

今の俺がそうであるように。

 

この記事は、そのことを言いたくて書いた。

 

 

 

 

広告を非表示にする

この手が冷たいのは

この寒さのせいじゃなくて

ミーの体の温もりが今

ここにないからだと

そんな風に思いたがっている

自分がいるよ

 

カレンダーの青と赤の日は

ミーが母親一色に染まる日

 

きっと今頃は

自分がいちばん見ていたいって

そう思っているミーの笑顔を

ミーの娘が独り占めしているね

 

それは自分にとっても

幸せなこと

 

ただこの恋心だけに

寂しさという名のナイフだけが

この胸をえぐってくるんだ

 

なんだかたちが悪いよね

 

ミー

 

だから

 

ミーと会った時の

切なくなるまでの口づけも

苦しくなるまでの抱擁も

泡のように思えてきて

 

なんだかそれは

幻だったみたい

 


f:id:nandemoaridayone:20170114221440j:image

 

今年いちばんの寒波は

やはりこの街に雪を連れてきた

 

俺はこんな風景を見ながら

ミーの好きな歌ばかりを

ずっと聴きながら

あてもなく車を走らせていたよ

 

この場所に着くまで

 

甘い歌なんて

いくらでも知っているのにね

 

もうダメなんだ

 

ミーの好きな歌にしか

感じられなくなってる

 

そして

風に舞いながら

粉雪は落ちてきて

舗道の上であっさりと消えていく

 

それはまるで

愛の言葉のようで

 

儚くて儚くて

切なくなる

 

やっぱり

恋なんていいや

 

愛なんていらないや

 

そんなもの忘れて

 

今はミーの子供になってしまいたい

 

そしたら

ミーの心を永遠に離さずに

いつまでも

ミーの笑顔を独り占めできるから

 

ミー

 

いつか話した

夢の話しの場所で

この手紙を書いた

 

たまらなく愛しい

 

そう

 

たまらなく愛しい

 

でも今は

それだけの自分でいい

 

そう思っているだけの

自分でいい

 

心遠ざけて

心離して

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする