読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Love mie, I Love mie

誰よりも愛しているミーのためだけに書いています。

恋なんて知らなかった

お手紙

「恋なんて知らなかった」

 

日付が変わり
窓の外には
高速道路の灯りしか
見えなくて

 

もうこんな時間なのに
ミーはどこで誰と会い

どんな服装をして
どんな笑顔で
誰と話しているのかと
思ったら

いけない妄想が
胸の中で膨らみ出しては
暴れだした

 

俺はそんな自分を
どうすることも出来なくて

内にあるざわめきとは裏腹に

また窓の外を
わけもなく見て

 

ただただ無口なままで

 

さっきとは
何も変わってない
高速の灯りに
再び目をやった

 

もう何十年も生きてきて
数えきれないくらいの
辛い経験もしてきたはずなのに

今の俺には
こんなことしか出来なくて

ミーのことばかりを考えてる

 

ミー

 

俺はおまえのことばかりを考えて
ミーが家に帰ってくるのを
こうして待っているのに

 

なぁミー

 

おまえはなんだよって

人の気もしらないで
なんだよって
思ってしまっている

 

俺はミーのことを
束縛したいわけでも
なんでもないのに

そんなことを
ミーに言いたくなって
しまうよ

 

もうミーとのことなんて
どうでもいいから
このまま眠ってしまおうか

 

朝が来るまで
ミーのことなんて
考えなくて

夢さえも見なくて

そしたらきっと
何も考えずに済むからって

 

そんなことを思いながら
俺は今
3本目の酎ハイのタブを
いつもより強めの力で
思いっきり開けた

 

指が痛い

ミー

指が痛い

 

だから

あの夜の時と同じように
優しく噛んでおくれよ

 

あぁ そうだよ
ミー

 

広い駐車場のあった
コンビニの片隅で

ミーにそうしてもらったことは

この人生の中で
いちばん美しい思い出なんだよ

 

なぁミー

 

今までいろんな女を
愛してきたはずなのに

女のことなんて
知り尽くしているはずなのに

ミーのことになると
何もわからなくなってしまうんだ

 

不安や
嫉妬や
恐れや

そんなもので
いっぱいになってきて

頭がおかしくなってくる

 

ミー

愛なんておもちゃ
俺はいくらでも
誰にでもあげてきたよ

そんなの
自分の中にいくらでもある


でも
ミー

 

俺はきっと
恋なんて知らなかった

こんなにもこんなにも
切なくて

こんなにもこんなにも
激しくて

こんなにもこんなにも
甘くて甘くて

ミーと出会って
初めて
恋というものを知ったみたい

 

ミー

なんだか
泣きたくなってる

 

誰にも渡したくない

 

新しい色を入れたばかりの
ミーの髪の毛をかきあげ
白く光るそのうなじに
この唇を這わせたい

 

その場所に
永遠に消えることのない
キスマークをつけたい

 

ミー

愛なんかよりも
重たい気持ちで

 

ミーに恋してる

 

 
f:id:nandemoaridayone:20170107234011j:image

2016年12月30日(金)01時28分